− 企業は「人」なり −

あまりにも有名な松下幸之助氏のこの言葉とおり戦後高度経済成長期を経て、
現在までの日本経済を支えて来たのは「人」でした。

今、発展が目覚ましい中国および東南アジアでは日本の卓越した技術を必要としています。 私たちANSONG協同組合は「日本企業の素晴らしい技術」と「中国および東南アジアの技術不足という課題」の架け橋となり、
外国人技能実習制度を通し、御社の事業と日本経済の発展に寄与します。

問い合わせをする

Generic placeholder image

外国人技能実習生制度とは?

生産技術・技能・知識を、企業実習を通して発展途上国の外国人に伝授、諸外国の経済発展を担う人材育成に寄与すると共に、企業と地域の活性化を図る事を目的とした公的制度です。当組合では受入団体として外国人技能実習生制度を推進しています。また、制度推進に関しては(財)国際人材協力機構(JITCO)の支援を受けています。
※外国人技能実習制度は労働力の需給調整手段ではありません。

外国人技能実習生制度について詳しく読む »

Generic placeholder image

実習生の受け入れにおけるメリット

送り出し国にて一定期間の訓練を受けた実習生は貴社の組織風土改善にも一役買うものと私たちは考えています。 若い実習生の受入により従業員の方にも指導責任がうまれ、組織の自主性は受け入れ前後で大きく変化することが予想されます。 さらには指導過程の中で行う既存業務の棚卸しにおいては、更なる業務効率化のための改善点も見つけ出せるのではないかと考えております。

実習生の受入要件を読む »

Generic placeholder image

ASEANの優秀な人材へリーチしてください

今なお人口ピラミッドが拡大する中国、そしてタイ・インドネシア・ミャンマー・ラオスといったASEAN諸国にいるポテンシャルをもった人材。 彼、彼女らが貴社で実際に実習するまでには現地の送り出し機関における4ヶ月にものぼる研修を経ます。

具体的には業務に欠かせない日本語の教育、そして実際の暮らしをするための日本語文化・生活習慣に関する学習。 当組合ではそういったプロセスを現地送り出し機関と密接に協力し、御社での実習開始までの道のりをサポートします。

受入までの流れを詳しく読む »